JRE BANKの評価解説

定期預金の鬼トップ>メリットのあるネット銀行>JRE BANK


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

JRE バンク・・・鉄道に安く乗れる特典がとんでもないレベルで魅力的な銀行


JRE BANKは預金金利はクズレベルなので、お金を貯めようと思わないように

JRE BANK(JREバンク)、JR東日本が2024年5月から運営を開始した、新しいネットバンクです。鉄道会社の銀行業参入第一号となり、大きな話題となっています。

ただし、中身は楽天銀行であり、その支店(はやぶさ支店、とき支店、こまち支店)を、JR東日本の子会社である株式会社ビューカードが運営する形をとっています。

したがって、定期預金金利などは下記のようにクズレベルに低くて全く使えませんが、代わりにJR東日本グループの特典がそれを上回る凄さで、感動を覚えるほどです

JRE BANK

金額 半年 1年 3年 5年
金額の大小にかかわらず 0.02% 0.02% 0.02% 0.02%


本ページでは、JREバンクの使い勝手や、利用するポイントが何処にあるのか、いくつかの観点でチェックを入れています。興味のある部分をご覧ください。基本的には、旅行オタクや鉄道マニアの御用達と言えます。それらに興味のない人は、ほかの銀行にしたほうが良いでしょう。

楽天銀行のシステムを使うので、フルラインのサービスを受けられます
ただし定期預金をはじめとした銀行預金は全く魅力ありません
口座開設キャンペーンは6000円分のポイントがもらえる大盤振る舞い
JREバンクの真価発揮その1:きっぷ4割引き優待割引券を年10枚プレゼント←これ凄い
JREバンクの真価発揮その2:「どこかにビューン」2000ポイント割引←これも凄い
JREバンクの真価発揮その3:モバイルSuicaグリーン券プレゼント
JREバンクの各種手数料もメリットが大きい
その他のネット銀行や、高金利の定期預金をチェックしてみる

JRE BANKの公式サイト



楽天銀行のシステムを使うので、フルラインのサービスを受けられます

冒頭に記したように、JREバンクとは、楽天銀行の支店扱いです。現在開設されているのは、はやぶさ支店(東北・北海道新幹線の名称)、とき支店(同・上越新幹線)、こまち支店(同・秋田新幹線)の3つです。

あくまでも中身は楽天銀行なので、以下のように、いきなりフルラインのサービスを展開しており、送金や入出金の決済業務だけでなく、日本円や外貨での預貯金、住宅ローンなども利用できます。宝くじや公営競技などのギャンブルにまで、手を出せるようになっています。

JRE BANKの定期預金


ただし、同じく何度も記すことになりますが、上の赤枠の部分、預貯金関連に関しては、下の項で書いている通りに、金利レベルは最低なので、JREバンクを利用する目的は、JR東日本ならではの特典を使い倒すこと、それ一択です

ただし定期預金をはじめとした銀行預金は全く魅力ありません

では、JREバンクの預貯金関連のサービス内容について記しましょう。正直、金利は最低レベルであり、利用価値は全くありません。下記のように低すぎますので、金利目当てで口座を保有するのはやめましょう。



定期預金は他行に預け入れるのが必須


結論を真っ先に書くと、定期預金は高金利の銀行の活用が必須です。例えば、SBI新生銀行東京スター銀行UI銀行など、常時、金利が高めの銀行を利用すると、あなたの資金が増える速度が早まります。賢く、定期預金とお付き合いしましょう。

金融機関 半年 1年 3年 5年
JREバンク 0.02% 0.02% 0.02% 0.02%
SBI新生銀行 1.0%
(3か月)
0.4% 0.4% 0.55%
東京スター銀行 0.25% 0.45% 0.45% 0.45%
UI銀行 0.3% 0.3% 0.35% 0.2%


仮に、5年物の定期預金でお金を預けた場合、JREバンクを利用した人とSBI新生銀行を利用した人とで、どのくらいの利息の差が出るのか、以下をご覧ください。


5年後に受け取る利息の大きな違い(カッコ内は税引き後の利息)
預入金額 JREバンク SBI新生銀行
金利→ 0.02% 0.55%
100万円 1000円(796円) 27500円(21913円)
300万円 3000円(2390円) 82500円(65740円)
500万円 5000円(3984円) 137500円(109566円)
1000万円 10000円(7960円) 275000円(219133円)


計算した結果を見ていただくと、高金利の銀行を使うほうが、JREバンクを使うよりも、例えば預け入れ1000万円の場合、26万円以上の大差となります。定期預金は金利が命です。



普通預金の金利も低い(当然だが)


JREバンクの普通預金は、定期預金と同じく、0.02%の金利です。JREバンクに50万円、或いは300万円以上入れておくと、後述するJR東日本の特典が受けられますので、入金は必須なのですが、それ以上入れておいても金利が低すぎるので、それこそ「お金の無駄」になります。

もしも普通預金で高い金利を受け取りたい人は、GMOあおぞらネット銀行PayPay銀行ならば金利0.3%と、見間違いのような高さです。詳しくは、普通預金金利ランキングのページをご覧ください。





新型定期預金(仕組み預金)の金利も低い


今のように、インフレ傾向の世の中であれば、通常の定期預金よりも、仕組み預金と言われる新型定期預金のほうが、金利面で魅力があります。今ならば、金利1%以上もの高金利で、10年~15年くらいの満期で、預け入れ可能です。

しかしながら、楽天銀行は仕組み預金の金利も非常に低いです。楽天エクステ預金という名称の仕組み預金のフラットタイプで、0.68%程度にとどまっています。




仕組み預金ならば、SBI新生銀行auじぶん銀行東京スター銀行あたりがおススメです。詳しくは、高金利仕組み預金比較ページをご覧ください。

口座開設キャンペーンは6000円分のポイントがもらえる大盤振る舞い

さて、JR東日本バンクは、預貯金以外が「本番」です。まずは現在、口座開設キャンペーンを実施していますので、ここできっちり、6000円分のポイントをゲットしていきましょう。以下、6000ポイントの内訳となります。

口座開設キャンペーン

内容 ポイント
1 資産残高3万円以上(※) 3000
2 ビューカードの引落をJRバンクに指定 1000
3 給与や年金の振込をJRバンクに指定 2000
※資産とは、普通預金、定期預金、外貨預金の事を指します。


今回の口座開設キャンペーン、条件がユルすぎて、これで6000円ももらえるのかと思うと、心が躍りますね・笑。流石、新規に開業したばかりの銀行です。普通預金口座に3万円入れて、ビューカードの引き落としなんかもJREバンクで何の問題もありませんし。

年金はともかくとして、給与振り込みだけは、職場の都合があるかもしれません。可能であれば、強くお願いしてでも、JR東日本の銀行に振り込んでもらう手続きをしたいところです。

あ、キャンペーンのエントリーは必須ですので、そこは忘れないようにしてください。さて、口座開設キャンペーンで6000円ゲットして、更にビッグな特典が続きます。それについては、次の項以降で詳しく見ていきます。

JREバンクの真価発揮その1:きっぷ4割引き優待割引券を年10枚プレゼント

JR東日本の銀行を利用する神髄は、お得すぎる特典をプレゼントしてもらう事です。3つの大きな得点があるのですが、いちばんは、切符が4割引きとなる特典です。これは破壊力抜群です。JR東日本の鉄道路線が、片道の乗車で4割引きというのは凄すぎます。

JRE BANKの特典割引券

資産残高 ビューカードの引落 給与等受取口座に指定 左記の両方
50万円以上 1枚 2枚 3枚
300万円以上 2枚 3枚 5枚


例えば、銀行口座に300万円をぶち込み、JRバンクでビューカード代金を引き落として、給与の受け取り(年金でもOK)を行えば、5枚分の特典割引券が交付されます。これは年に2回、交付されるので、1年間で最大10枚の割引券が受け取れます



4割引きの威力はこのくらい


特典の割引券が4割引きの切符と聞いても、ピンと来ない人は多いと思いますが、実はとんでもない破壊力です。具体的に、乗車する区間の正規運賃と比較すると、一目瞭然です。

例えば、田舎が青森県の人ならば、東京駅から東北新幹線の新青森駅まで、片道10回分ですから、年間に5往復が4割引きという事になります。具体的な数字で見ると、こんな感じです。

内容 正規料金 4割引き後の料金 差額
東北新幹線片道1回分 1万7670円 1万600円 7070円
片道10回分(5往復分) 17万6700円 10万6000円 7万700円


これ、とんでもない数字だと思いませんか? 年間、7万7000円分の運賃特急券代金がコストカット出来るという事です。

これは、金利0.02%の定期預金に1億円という大金を、4年間も預け入れた場合にようやく手にする金利に相当する金額です(税引き後)。

この事実を目の当たりすると、旅行や鉄道のマニアたちにとっては、あり得ないくらい魅力的な特典であることが判断できると思います。

これが、JRバンクは預貯金の預け入れでお金を増やす銀行ではなくて、特典を受け取るための銀行である旨、申し上げた真意となります。

あ、そうそう、上記の同じ区間を、グリーン車で移動する人で計算すると、金額がさらに大きくなります。試しに掲載してみると、こんな感じです。(グランクラスは割引の対象外なので注意)

内容 正規料金 4割引き後の料金 差額
東北新幹線グリーン車片道1回分 2万3740円 1万4240円 9500円
グリーン車片道10回分(5往復分) 23万7400円 14万2400円 9万5000円




JREバンクの真価発揮その2:「どこかにビューン」2000ポイント割引

JRバンクの真価発揮その2は、「どこかにビューン」というサービスを利用する際に、2000円分のポイントが割引になる点です。どこかにビューンとは、4か所のおすすめ地点のどこかへ、新幹線で向かうという新しい旅のスタイルとの事ですが、どうも、鉄道マニア以外には意味が分かりません。

当サイト管理人も困惑したのですが、JR東日本が動画を用意していましたので、これを見ていただくのが一番理解が早いです。




動画でも分かったような分からないような。えーっと、要はですね、専用サイトであらかじめ候補に出した4つの訪問場所のいずれか1か所が、申し込みから数日後に判明して、その場所であれば、通常よりもはるかにお得なポイントで「往復」できてしまうサービスです。

どこか目的地が明確に決まっている人には不向きですが、旅慣れた人が使うには面白いサービスですし、何より、距離が遠ければ遠いほど、往復6000ポイント(6000円分に相当)の威力が増します。

例えば、東京駅発で、以下のような4つの目的地で、「どこかにビューン」を申し込んだとします。そして後日、二戸に行くことが決まったとします。

どこかにビューン


二戸は片道601キロの距離にあります。JRE特典ポイントがどのくらい必要になるかというと、以下の表を参照して、401キロ以上の12110ポイントが、本来、必要なのだと分かります。で、これは片道ですから、往復に必要なポイントは、24220ポイントなわけです。

これが、「どこかにビューン」であれば、6000ポイントで往復できます。は?何かの間違いでは??と思うかもしれませんが、これは本当です。そういうサービスなんです。

JREポイントの交換ポイント


そして更に更に、JR東日本の銀行の利用特典として、ここから2000ポイント分が割り引かれます。33%相当の割引になります。デカいです。最初の24220ポイントから考えると、

ありえない! 84%割引です!! 

行先が何処だっていい、とにかく旅に出たくなるサービスなんです。こういうサービスを見てしまうと、何が何でもJRの銀行を使い倒したいと思ってしまいますね。



「どこかにビューン」特典割引券の発行条件


なお、「どこかにビューン」の特典割引券の発行条件は、以下の通りです。以下の条件を満たすと、3枚の割引券を受け取れます。

条件 具体的内容 枚数
条件1 資産残高50万円以上が前提 -
条件2 ビューカードの引落 1枚
条件3 給与や年金の引落 2枚


そして、注目に値するのが、上記の3枚を、年間にすると計4回、最大でなんと12枚も受け取れます。2000×12=24000ポイントが受け取れるとか、信じられません! 

こんな事されたら、JR東日本のエリアばっかり、旅行する羽目に陥りますね・苦笑。どこかにビューンで12回も旅行しなきゃならないのかよ。苦痛だwww

JREバンクの真価発揮その3:モバイルSuicaグリーン券プレゼント

最後に、モバイルSuicaグリーン券が貰える特典です。こちらは条件が緩く、資産残高50万円以上で、1枚分のグリーン券がプレゼントされます。そして上の項と同様、年に4回、合計で4枚のグリーン券が貰えます。

JREバンクのモバイルSuicaグリーン券プレゼント


モバイルSuicaグリーン券の最大料金は、101キロ以上の1550円となります。つまり、1550円×年4回=6200円が、何もしなくても受け取れるわけで、これもとんでもないサービスですね。

以上が、JRバンクの3つの特典の紹介でした。旅行に行くための原動力としてJRバンクを使うというのは、銀行の使い道としては新しいというのか、新鮮な気持ちです。こういう銀行の使い方もあったのですね。銀行の新境地を切り開くJR東日本、応援したい気持ちです。

JREバンクの各種手数料もメリットが大きい

最後に、JREバンクの各種手数料についてです。JREバンクの素晴らしいところは、JR東日本の駅構内に設置されているATM「ビューアルッテ」を使えば、お金を下ろすのは曜日や時間帯に関係なく、無制限で手数料無料になる事です。振込手数料なども、利用状況に応じて、複数回、無料になります。

素晴らしすぎるのは、お金を入れておけば勝手にステージが上がる事。提携ATMだったり他行の振込手数料の無料回数が増えます。かなり使いやすい銀行だと思います。

JRE BANKの各種手数料


というか、金額とか取引回数を無視しても、例えばJREバンクでビューカードの引き落としだけで、他行あての振込手数料が3回まで無料になるのは大きいです。旅行用特典を獲得するだけでなく、日常の決済にも役立つ銀行です。

JRE BANKの振込手数料割引


(なお、珍しく色々と褒めてますが、JR東日本の回し者ではございません。)

その他のネット銀行や、高金利の定期預金をチェックしてみる

その他のネット銀行の定期預金は以下の通りです。銀行名をクリックで、各行の詳細情報のページに飛びます。あわせて、定期預金金利一覧ページより高金利の銀行をお選びください

銀行名 半年 1年 3年 5年
住信SBIネット銀行 0.05% 0.1% 0.2% 0.4%
キャンペーンバナー
東京スター銀行
0.25% 0.45% 0.45% 0.45%
普通預金金利が0.25%で、半年物金利はそれで記載。
口座開設でなんと現金1500円がもらえます!!
キャンペーンバナー
ソニー銀行
0.25% 0.35% 0.2% 0.2%
キャンペーンバナー
SBJ銀行
(上段は100万まで、
下段は100万円超)
0.03% 0.45% 0.6% 0.7%
1.2%
(3か月)
0.55%
(2年)
0.75%
(4年)
0.2%
中身が複雑なのでSBJ銀行のページを参照の事。
キャンペーンバナー
SBI新生銀行
1.0%
(3ヵ月)
0.4% 0.45% 0.55%
3ヶ月と1年はスタートアップ円定期預金の金利です。
3年と5年はパワーダイレクト円定期預金の金利です。
口座開設でなんと現金1500円がもらえます!!
キャンペーンバナー
あおぞら銀行BANK
0.2% 0.21% 0.3% 0.45%
GMOあおぞらネット銀行 0.11% 0.11% 0.11% 0.11%
すべて普通預金(証券コネクト口座)の金利です。
キャンペーンバナー
楽天銀行
0.1% 0.25% 0.1% 0.1%
1年物は夏のキャンペーン金利で、他は
楽天マネーブリッジ(普通預金)の金利です。
キャンペーンバナー
イオン銀行
3.0%
(1か月)
0.15% 0.25% 0.5%
セブン銀行 0.025% 0.03% 0.15% 0.2%
auじぶん銀行 0.04% 0.05% 0.15% 0.2%
キャンペーンバナー
UI銀行
0.3% 0.3% 0.35% 0.2%
PayPay銀行 0.02% 0.02% 0.02% 0.2%
大和ネクスト銀行 0.05% 0.05% 0.15% 0.2%
ローソン銀行 0.03% 0.03% 0.15% 0.2%
JREバンク 0.02% 0.02% 0.02% 0.02%
キャンペーンバナー
オリックス銀行
0.6% 0.5% 0.35% 0.40%
100万円からの預け入れになります。
半年物と1年物は新規口座開設者限定プログラムの金利です。
(金利の基準日:2024年6月3日)