かながわ信用金庫のメリット大の定期預金などの情報まとめ

定期預金の鬼トップ>地方の銀行>かながわ信用金庫


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

かながわ信用金庫・・・現状、特段のメリットは無し


まず、店頭金利「以外」を利用しましょう

かながわ信用金庫は、神奈川県横須賀市に本店を置く信用金庫で、神奈川県下のほぼ全域に48店舗を構えています。東京都内でも、町田市と大田区に支店がありますので、エリアによっては都民でも利用が可能です。

ただし、かながわ信用金庫を利用するにしても、何も考えずに定期預金に預けると、以下のように著しく低い金利が適用になりますので、これは避けましょう。かといって他に魅力的なキャンペーンも無く、2024年現在は、他の銀行を利用するほうが賢明です。

かながわ信用金庫

預入金額 半年 1年 3年 5年
金額の区別なし 0.002% 0.002% 0.002% 0.002%


本ページでは、かながわ信用金庫におけるメリットの高い定期預金を、以下の項目に分けて掲載しますので、利用を検討しておられる人は、どうぞ参考にしてみて下さい。

目標金額に合わせた積金を実行する事で100万円から400万円を貯める!
年金受給者向け定期預金は、金利が0.2%上乗せになりますが・・・
振り込みやATMの出金手数料などについて
その他の神奈川県の銀行や、高金利の定期預金をチェックしてみる

かながわ信用金庫の公式HP



目標金額に合わせた積金を実行する事で100万円から400万円を貯める!

子どもの進学には多額のお金が必要になります。子どもが好きな進路を選択できるかどうか、子ども自身の奨学金もありますが、親はある程度は用意しておくと、進学の時に本当に役に立ちます。さくら積金は最長で、6年の期間が選択でき、良好です。

さくら積金


金利年0.05%
預入期間:1年~6年
取扱契約総額:50億円
プレゼント:選べる粗品
募集期間:2024年9月30日
対象:個人(学校自動振替をかながわ信用金庫に指定している人限定)


この「さくら積金」は、1年~6年までの期間が指定できて、長期間で積み立てができるので、時間を味方につけて、例えば小学校1年生~6年生で月々14000円の積み立てが出来れば、100万円も貯められます。

100万円のお金を「今この瞬間に用意できるか?」と聞かれると、難しいと感じる人は沢山いると思います。しかし、「月々14000円を用意できるか?」と聞かれたならば、多くの人は可能なのではないでしょうか。

月々14000円の積み立てが出来れば、6年後には確実に100万円に到達します。以下、目標金額別の積立額を確認してみましょう。

目標金額 積立金額 掛金総額 給付補てん金 税金 税引後受取金額
100万円 14000円 100万8000円 1533円 310円 100万9223円
200万円 28000円 201万6000円 3066円 622円 201万8444円
300万円 42000円 302万4000円 4599円 933円 302万7666円
400万円 56000円 403万2000円 6132円 1245円 403万6887円


積み立てで受取る利息は微々たるものかもしれませんが、時間を掛けて積み立てる事で、仮に5万6000円を6年間積み立てれば、400万円ものお金を貯める事が出来ます。

ただ、あまり月々の掛け金を無理すると、積み立てを継続するる事が困難になるので、今の生活を見直して、生活費の2割~3割程度に留めておきましよう。2割程度に留める事で、現状の生活が極端に窮屈になる事はないでしよう。

積み立ては、ひたすらコツコツと実行するのみです。「収入-積立=生活費」・・・この考えの下に、口座引き落としと言う仕組みを作ります。人は、初めは意気込みがあっても、なかなか続かないものです。口座振替という仕組みを作り、毎月勝手に引き落としされると、6年後には100万円~400万円のお金を用意する事ができるのです。

年金受給者向け定期預金は、金利が0.2%上乗せになりますが・・・

年金受給者向けには、以下のねんきん定期500定期預金が用意されています。上乗せ後の金利として0.202%が適用され、金額も2000万円までと多くの資金を高金利で預け入れられます。

項目 ねんきん定期500
金利 店頭金利+0.2%
期間  1年 
預入金額 100万以上500万円以下
預入単位 100万円以上で一括
満期後 普通預金金利が適用
資格 国民年金・厚生年金・共済年金の受取口座指定する個人


ただ、年金受給者向け定期預金は「年金」という、限られた人しか活用できない定期預金となってしまいます。誰でも活用でき、かつ高金利な定期預金をトップページでランキングにしているので、そちらの上位銀行のほうがはるかにメリットがあります。

振り込みやATMの出金手数料などについて

かながわ信用金庫は、手数料が安いとは言えません。以下、振り込み手数料です。他行あてに、赤く囲んだような料金がかかります。インターネットバンキングを利用したとしても、3万円以上で550円ものコストがかかる事になり、これではあまりにも高額すぎます。

神奈川信金の振込手数料


従って、かながわ信用金庫はあくまでも高金利で定期預金を蓄える金融機関だと割り切ることが必要だと思います。100万円単位のお金を預けて、満期が到来したら、定期預金金利を100%活かす合法的裏技を使って、コストゼロで出勤するようにして下さい。

ATMを使った出金については、かながわ信用金庫であれば常時無料になりますので、間違ってもコンビニATMでお金をおろすような事はしないようにしましょう。

かながわ信用金庫のように「信用金庫」であれば、全国の信金を使って、以下の時間帯であれば手数料ゼロでお金をおろす事が出来ます。しんきんゼロネットサービスと言って、全国の信用金庫同士で自由にATMを使う事が出来ます。

・平日 8:45~18:00の入出金
・土曜 9:00~14:00の出金



ただし、日祭日や、上記以外の時間帯は、それぞれの信用金庫の所定の利用手数料が発生しますので、この点についても余計なコストを支払う事の無いように注意して下さい。

その他の神奈川県の銀行や、高金利の定期預金をチェックしてみる

神奈川県の、その他の銀行の定期預金は以下の通りです。銀行名をクリックで、各行の詳細情報のページに飛びます。あわせて、当サイトTOPページより高金利の銀行をお選びください

金融機関 半年 1年 3年 5年
横浜銀行 0.002% 0.002% 0.002% 0.07%
神奈川銀行 0.002% 0.002% 0.002% 0.002%
かながわ信用金庫 0.002% 0.002% 0.002% 0.002%
キャンペーンバナー
横浜幸銀信用組合
0.025% 0.3%
0.5%(※)
0.325% 0.35%
※300万円以上の預け入れはメールオーダー定期預金・つばさ

上記のほか、横浜エリアであればハナ信用組合の高金利定期預金が利用可能です。