大阪信用金庫の定期預金キャンペーンを調査

定期預金の鬼トップ>地方の銀行>大阪信用金庫


このページがお役に立てましたなら、ぜひシェアをして頂けますと嬉しいです!

大阪信用金庫の定期預金金利が上昇傾向、今後は検討しても良さそうです

大阪信用金庫の定期預金が、0.3%まで大幅に引き上げられました。ここ数年の大阪信用金庫(だいしん)はひたすら低金利でしたから、過去を知っている者からすると明らかに吉報です。

この金利上昇は、長かったデフレの悪循環がひと段落して、世界的に見れば低すぎる数値とはいえ、世の中がインフレ傾向を示してきた反映と言えます。

大阪信用金庫の定期預金キャンペーン

預入金額 半年 1年 2年 3年 5年
300万円未満 0.002% 0.002% 0.002% 0.002% 0.002%
300万円以上 0.002% 0.002% 0.002% 0.002% 0.002%


なお、大阪信用金庫の通常の「店頭金利」は上記の通り他の銀行と同様に地を這うが如く低すぎますので、利用しないでください。利用するにしても、あくまでもキャンペーン金利だけです。本ページでは、以下の項に分けて、大阪信用金庫の定期預金キャンペーンをご説明します。興味のある部分をクリックしてください。

「ネットDE定期」の金利が大幅向上、0.3%ならば検討の価値あり
スーパー定期「感謝10」は金利0.2%だが別に使う必要は無く
年金受取者はゆうゆう2000定期預金(金利0.25%)
まいど子でも定期預金(子供が3人以上いる家庭は高金利)
その他、不便な点と、一部その解決策について
その他の大阪府の銀行や、高金利の定期預金をチェックしてみる

大阪信用金庫の公式ホームページ


「ネットDE定期」の金利が大幅向上、0.3%ならば検討の価値あり

常時募集を継続している大阪信用金庫の「ネットDE定期預金」、2021年10月から金利0.05%となって、全く使うに値しない存在でしたが、2024年、世の中がインフレ傾向となり、金利も0.3%まで回復してきて、活用する価値がが出てきました

利用できるのはインターネットバンキングを利用している個人で、携帯電話での取引もできます。預入期間は1年と2年物。預け入れの金額は、一口10万円~500万円までで、限度額は1000万円となります。預金保険制度の範囲内という事になりますね。

ネットDE定期


とりあえず、この金利での取り扱い期間は2024年3月31日までとなります。大阪地域は他にも高金利な銀行が沢山あるので、本ページの一番下の欄を見ていただいて、比較検討してから利用した方が良いでしよう。



ネットバンキングなのに大阪信用金庫の営業エリア限定です


インターネットで取引ができるのならば、全国で利用可能かと喜びましたが、大阪信用金庫のパーソナルインターネットバンキングを申し込む必要があり、これが本支店での普通預金口座が必要になって、最寄りの本支店に出向く必要があります

本店は、大阪府大阪市天王寺区上本町8-9-14にあり、大阪市内、堺市内、大阪府北部、大阪府東部、大阪府南部、尼崎市に店舗があります。

【本支店所在地参考】
http://www.osaka-shinkin.co.jp/branch/index.html


以前、確認のために窓口に電話をしましたが、やはり「大阪にお住まいか勤務している方、来店できる方が対象で遠方の方はご遠慮いただいている」との事。丁寧な応対ですが、残念な回答でした。大阪にお住まいや勤務されている方、近郊の方が対象の様です。

本支店に出向くことができる方は、持参するものとして、運転免許証届け印新規開設資金を持参して、普通預金の口座開設と、パーソナルネットバンキングの申込をします。



不思議な事に、解約するには店頭に出向く必要があります


大阪信用金庫インターネットでの取引ですが、24時間は受付けていません。預入時間は平日午前7時~午後11まで、土曜・祝日は午前7時~午後10時、日曜日は午前8時~午後10時までとなっています。インターネットなのに、24時間対応していないのが残念です。

そして、特に注意してほしい点は、インターネットバンキングでの「ネットDE定期預金」の解約はできず、取引店の窓口に、営業時間内に出向く必要がある点です

信用金庫でこの定期預金は、文句なしで素晴らしいと言えます。しかし、インターネットで預け入れができるのに、解約時は窓口に出向くというのは不便すぎます。

この定期預金は元金自動継続のため、満期時の金利が高金利ならばそのまま預け入れても良いですが、 金利が低ければ払い戻しを申し出る必要があります。 満期日の取扱いに「自動払い戻し」が選択できないのも不便です。そしてその手続きをするために、窓口に出向く必要があるという事です。



スーパー定期「感謝10」は金利0.2%だが別に使う必要は無く

2024年1月4日から、スーパー定期「感謝10」がスタートしました。1年物の金利が0.2%で登場です。しかしながら、既に上の項でも記したとおり、大阪信用金庫内ならばインターネットバンキングのネットDE定期預金が金利0.3%で募集しています。どちらが良いかはすぐに分かりますよね。

スーパー定期「感謝10」


金利0.2%
預入期間:1年
対象:個人・法人
預入金額:30万円以上1000万円以下
募集総額:2000億円
募集期間:2024年3月29日まで


では、受取利息を計算してみます。「ネットDE定期」、今回の「感謝10」、そして大阪地区では最も金利の高い、ミレ信用組合と比較してみます。カッコ内は税引後の数字となります。

預入金額 大阪信用金庫 ミレ信用組合
金利→ 感謝10:0.2% ネットDE定期:0.3% 0.525%
100万円 2000円(1593円) 3000円(2390円) 5250円(4183円)
300万円 6000円(4781円) 9000円(7171円) 15750円(12550円)
500万円 10000円(7968円) 15000円(11952円) 26250円(20917円)
1000万円 20000円(15936円) 30000円(23905円) 52500円(41834円)


ご覧の通り、金利が高くなればなるほど、純粋に手取りの利息が大きくなることが分かります。定期預金なんて、ほとんど頭を使わずに、ひたすら金利の良いところに預け入れるだけで良いのです。それで、貯金が明らかに増えていきます。

年金受取者はゆうゆう3000定期預金(金利0.25%)

公的年金を受け取っている人向けのゆうゆう2000がリニューアル、年金受取を大阪信用金庫に指定した人を対象に、預け入れ金額3000万円までの定期預金、ゆうゆう3000になって再登場です。

金利は0.25%で募集中。ただ、大阪地域は年金という縛りがなくても高金利の銀行が目白押しなので、本当にお得なのかというと、かなり微妙です。

ゆうゆう3000


金利0.25%
預入期間:1年
預入金額10万円~3000万円
対象:公的年金を受け取っている人
募集期間:2024年3月31日まで


大阪信用金庫のゆうゆう3000は、年金受給を新規で指定した人が対象となる定期預金で、利用出来る人は限られてしまします。

一方で、例えば同じ大阪エリアのミレ信用組合では、組合員になれば、0.525%の最高金利が適用されます。仮に1000万円を預け入れしたとしたら、大阪信用金庫の受取利息は2万5000円(税引前)、ミレ信用組合だと5万2500円、実の2.1倍もの利息の差となります。

大阪地域は他にも、大阪厚生信用金庫大阪商工信用金庫永和信用金庫大阪協栄信用組合大同信用組合成協信用組合等が高金利な定期預金の募集をしているので、充分比較し、あなたが活用しやすい金融機関を選んで下さい。

まいど子でも定期預金(子供が3人以上いる家庭は高金利)

子育て中の人にとっては、子育て優遇の定期預金があるのは嬉しいですね。こちらの定期預金は、3人以上の子供がいる家庭が対象となります。 1人の子供でも対象となると良かったですね。金利は、以下の通りです。

子供が3人の場合:店頭金利+0.15%
子供が4人の場合:店頭金利+0.25%
子供が5人以上の場合:店頭金利+0.30%

まいど子でも定期預金
※取り扱いは2024年3月31日まで延長されています。


預入期間:1年
対象:3人以上の子供を持つ父母いずれか1名(18歳未満の子供が1人以上)
預入限度額:1世帯あたり1名のみで、1000万円以下


子育て支援の定期預金の試みは良いと思いますが、少子化が騒がれる世の中で、3人の子供のご家庭ならまだしも、5人以上も子供が居るご家庭はほとんどいないのでは、と単純に思ってしまいます。最高金利の0.3%の恩恵を受けられるご家庭だけ活用してくださいませ。

と記していますが、2024年1月現在、別に子供がいてもいなくても、同じ大阪信用金庫ならばネットDE定期を利用すれば金利0.3%です。より便利な定期預金をその都度検討するスタンスでよろしいかと思います。

その他、不便な点と、一部その解決策について

ATMを利用する場合の手数料は、ATM稼働中であれば入出金は無料で素晴らしいのですが、肝心の稼働時間が本店ですら平日8時~21時、土日・祝日で8時~21時と制限があり、コンビニATMを利用する場合は、有料となります。

大阪信用金庫のATM手数料と利用時間


資金を移動したい場合の、振込手数料も有料となります。ここで、ネットDE定期で受け取れる利息の欄を、もう一度見てください。100万円を預け入れる場合、1年で2000円の利息だったはずです。

これに対して、この振込手数料ですよ。利息の16%~22%が手数料で吹っ飛びます。もしも店頭金利だった場合は、逆に銀行にお金をタダで差し上げてしまうような現象になります。

大阪信用金庫の振込手数料


これではアホらしくてやってられませんので、定期預金金利を100%我が物にする合法的裏技を使う事により、無料で資金移動を行います。ただしこの裏技は、自分名義の口座だけにしか対応できませんので、他人名義の口座にお金を振り込むときは、上記の技を使ってまずは手数料無料の銀行にお金を移し、そこからさらに、他の人へ振込みを実行するようにしましょう。

なお振込手数料無料の銀行は、住信SBIネット銀行を活用すると良いでしょう。こうすることで、庶民に取って大敵である、振込手数料を完全無料にすることが可能です

その他の大阪府の銀行や、高金利の定期預金をチェックしてみる

大阪府の、その他の銀行の定期預金は以下の通りです。銀行名をクリックで、各行の詳細情報のページに飛びます。あわせて、定期預金金利一覧ページより高金利の銀行をお選びください

これとは別にネット専業銀行はこちらをご覧ください。

金融機関 半年 1年 3年 5年
関西みらい銀行 0.002% 0.002% 0.002% 0.07%
池田泉州銀行 0.002% 0.002% 0.002% 0.002%
キャンペーンバナー
大阪信用金庫
0.002% 0.3% 0.002% 0.002%
北おおさか信用金庫 0.002% 0.002% 0.002% 0.002%
キャンペーンバナー
大阪シティ信用金庫
0.01% 0.25% 0.25% 0.25%
キャンペーンバナー
大阪厚生信用金庫
不明 0.375% 0.425% 0.475%
キャンペーンバナー
枚方信用金庫
0.105% 0.105% 0.205% 0.005%
キャンペーンバナー
大阪商工信用金庫
不明 0.35% 0.38% 0.41%
キャンペーンバナー
永和信用金庫
不明 0.3% 0.25% 0.25%
キャンペーンバナー
大阪協栄信用組合
(上段は100万以上、
下段は1000万円以上)
- 0.35%
0.45%
0.35%
0.51%
0.5%
0.55%
キャンペーンバナー
大阪貯蓄信用組合
(300万円以上)
不明 不明 0.2% 不明
キャンペーンバナー
ミレ信用組合
0.02% 0.525% 0.6% 0.35%
キャンペーンバナー
のぞみ信用組合
- 0.2% 0.35% -
キャンペーンバナー
大同信用組合
- 0.32% 0.39% 0.46%
100万円以上から(冬の特別金利キャンペーン)
キャンペーンバナー
近畿産業信用組合
(下段は500万円以上)
0.01% 0.3%
0.5%
0.35% 0.225%
キャンペーンバナー
成協信用組合
(上段は50万以上、
下段は1000万円以上)
不明 0.3%
0.4%
0.35%
0.45%
不明